シアリスの特徴は効果の持続時間の長さにあります。効果が長く続くことで、心理面の悩みも取り除き余裕をもって行為に臨めるという利点があります。シアリスをもっと知っていきましょう。

シアリスを飲むタイミング

シアリスの中に含まれている有効成分のタダラフィルは、最高血中濃度の到達時間が30分から4時間程度となっていてかなり個人差があります。
これはED治療薬の中でもかなりバラつきがあって、効果が現れるまでに早い人では30分程度あれば十分という事になりますが、基本的には行為を行う3時間程度前に服用するのが良いと考えられています。
また、シアリスは食事の影響を受けにくいED治療薬として知られていますが、全く食事の影響を受けないという訳では無いので、出来るのであれば空腹時に服用した方が効果が現れやすくなっています。
そのために効果を最大限にしたいと考えるのであれば空腹時に服用するのが良いですが、服用する時間と食事をする時間が重なりそうである場合は空腹の状態でシアリスを服用してから30分以上間を空けて食事をするようにするのが望ましいです。
食事をしてからシアリスを服用したり服用後に食事をすぐに行うと、シアリスの吸収が食事の影響を受けてしまいます。
シアリスの特徴としてはその持続時間の長さが挙げられ、最大で36時間程度の効果があると言われています。
一度体内に吸収してしまえば食事の影響を気にする必要もなくなります。
シアリスは有効な時間の長さから海外ではウィークエンドピルとも呼ばれていて、金曜の夜に服用すれば日曜日まで効果が続くので、週末は性生活を充実させる事が出来る事からそのように呼ばれているのです。
なお、服用して体内に吸収されてしまえば食事の影響を気にする必要は無くなりますが、それでもアルコールの摂取はほどほどにしておいた方が良いです。
アルコールの過剰な摂取はEDである無しに関わらずに勃起に悪影響を与えるので、性行為を行う前にアルコールを飲みたいという事もありますが、あまり飲み過ぎないように気をつけた方が良いのです。