シアリスの特徴は効果の持続時間の長さにあります。効果が長く続くことで、心理面の悩みも取り除き余裕をもって行為に臨めるという利点があります。シアリスをもっと知っていきましょう。

シアリスの連続使用の注意点

シアリスはED治療薬の1つで、バイアグラやレビトラと比較すると持続時間が長いことが最大の特徴と言え、持続時間は24~36時間なので、1回服用すれば一晩以上、効果を期待することが出来、別名ウィークエンドピルと呼ばれているほどです。
これは他のED治療薬に比べると効果が穏やかに効いてくるED治療薬であるため、比較的軽い症状のEDの場合に処方されます。
効果が穏やかに効いてくる、ということは効果を実感するまでにも時間を要します。
バイアグラやレビトラは性交渉の約30分前に服用すれば良いのですが、シアリスは効果を実感する為には性交渉の約3時間前に服用することが推奨されています。
長い時間、効果があるので約3時間前に服用することを忘れてしまいそうなら、少々早目に服用しても良いでしょう。
また効果が穏やかなので、効いていないと感じる人もいるかもしれません。
効果を実感することが出来ないから、もう1回服用しよう、と思う人もいるかもしれません。
しかしシアリスの服用は1日1回となっており、次の服用までには24時間を開ける必要があります。
シアリスの1回の最大服用は20mgなのですが、10mgを2回に分けて数時間程度の時間差で服用するのは止めましょう。
思いもよらない副作用を引き起こす可能性があります。
連続で使用する場合は、服用量に関わらず24時間を開けて下さい。
ED治療薬は服用することで勃起しやすい環境を作りやすくすることにあります。
服用することで必ず勃起するのではないので、性的興奮を得るためにもパートナーと協力することは大切です。
その上で自分のEDの具合が軽度なのかどうかを最初に見極めてからシアリスを使用することをお勧めします。